髪に優しいって嘘なの?傷めずに染める市販の白髪染め使い方は?

白髪染めを用いる際は自分の髪質に注意してください。
一般的に、髪の柔らかい人ほど染まりやすく、硬い人ほど染まりにくいといわれています。
白髪染めは温度も重要なポイントになります。
室温がそれ以上かそれ以下の場合は、空調を利用して調整すると良いでしょう。
一般に、室温が高いほど白髪染めの反応が早まり、低いほど遅くなるといわれています。
染めてからの放置時間も大切なポイントです。
髪質の柔らかい方は説明書に記載されている通りの放置時間で構わないのですが、髪質の硬い方は記載されている時間よりも数分長く放置時間を取るようにしてください。
もしくは、染まりにくい部分から先に染めることで、その箇所の放置時間が長くなり染料を染み込ませるという方法もあります。
髪に優しいって嘘?傷めずに染める方法は?【団子の結論】