看護師はどんな仕事?

看護師は、病院やその他いろいろな医療機関でとても大切な役割を担当しています。
ですけど、病院や医療施設の多くでは看護師不足に頭を痛めているというのが現状となっています。
医療現場では、看護師が不足しているという問題を解決できていません。
この先、少しでも早くこのような問題を解決する必要があるでしょう。
職場に勤めている看護師は、数万人いますが、それとは対極的に、看護師という資格を所持していながらも、職業としていない人が50万人以上いると認識されています。
全国で四万人もの看護師が足りないと考えられているので、ほんの少しの人でも職に就くことができれば、この問題は、多少なりとも解決できると思います。
看護師の仕事内容は、一般的に医者の診療を助けることから、入院患者の日々のお世話まで広範囲にわたる勤務内容で勤務時間が長く、夜勤がたくさんあったりという厳しい仕事です。
体力勝負のきびしい仕事であるのに、それに見合う給料がもらえない事も大きな不満のひとつとなっているようです。
看護師さんが働くところと言われると病院という印象が思いつくのが大概でしょう。
ですが、看護師という職業を活かせる場は、病院のみならず、他にも沢山あります。
保健所で働く保健師と手を組み、周辺地域の住民の健康に対するケアを行うこともお仕事の一つとして看護師に求められるのです。
さらには、福祉施設の多くでは医師が常駐していないので、大半の医療行為を行うのは看護師なのです。
看護師が行う業務は、非常に大事で、どんな病院とか医療施設でも絶対に必要な大切な担務を背負っているといえます。
かなり責任重大な仕事ですし、夜勤といった変則的な勤務形態で寝る時間の少ない看護師も少なからずいます。
そのため、看護師のためにも自分自身の健康の管理も重要な問題だといえるのです。

正看護師になるには?