介護福祉士の資格取得の方法は?

福祉の仕事は求人が多く、今後、業界として成長していく分野でもあり、介護福祉士の資格を持っていれば、ひとまず、職に困る事はないように思って介護福祉士を目指しました。
介護福祉士の資格を取得するには、大きく言って二つの方法があります。
一つ目の方法は、福祉系の特定の大学・短大・専門学校に入学し履修単位を適切に取り、無事に卒業することです。
ただし、専門学校であったとしても、最短でも2年間、学業に専念することが必要になります。
当然ですが、学校に通学する時間、学費が必要になります。
そして、もう一つの方法としては、実際に介護現場に入って実務経験を積んで介護福祉士の資格を取得する方法です。
介護福祉士を取得するには、介護保険法で指定している事業所等において、3年の実務経験をつむ必要が有ります。
そして、勤めていた事業所において実務経験を証明してもらい、毎年1月下旬に行なわれる国家試験に合格すれば取得できます。